心因性EDについて

たくさんのハート

心因性EDは、予期不安や人間関係、心理的ストレスや抑うつなど、様々な心理的諸要因によって引き起こされるEDです。パートナーとの関係によって引き起こされることもあります。ある日突然発症し、夜間早朝勃起は正常にあるのが特徴です。性欲低下や過剰抑制などが症状としてあげられます。すなわち、その様な原因から誰でも経験する可能性が高いEDの症状なのです。

心因性EDを引き起こす原因は「現実心因」と「深層心因」に分類され、患者自身がEDの心理的原因や誘引に気づいている場合には前者、そうでない場合には後者に該当します。

現実心因は日常生活における様々な心理的ストレスが主な原因となっています。緊張や焦り、過労や睡眠不足、心配事や過程内不安、経済的困窮やパートナーとの感情的トラブル、妊娠恐怖症などがその要因となります。

深層心因は心の奥底にある深層部分に抑圧された屈折した様々な心理的要因が主な原因となっています。大半はそれを意識できていないのが特徴です。抑圧された怒り、悲しみや憎しみ、愛憎葛藤や欲求不満、幼少期における心的外傷体験、母子分離不全やエディプス・コンプレックス、ホモ・セクシュアル、去勢恐怖などがその要因となります。

また、勃起機能が正常にも関わらず心理的要因などによって性交ができなくなる機能性EDがあります。機能性EDの診断では、EDの発症時期や早朝勃起の有無、マスターベーション時の勃起状態などについて問診が行われます。このとき、早朝勃起やマスターベーションでの勃起が十分な硬度であるにも関わらず、性交時には機能しない場合に機能性EDと診断されます。

EDかな?と感じたらその事に真っ向から向き合ってネガティブに改善する必要があります。いくらED治療薬で勃起をアシストしても、心が改善されなければ意味がないのです。

Copyright(c) 2018 シアリスの通販を知ってお得に使ってみよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com